FC2ブログ

応援歌という文化

野球観戦で
楽しいことのひとつは応援歌を歌うこと

中日の応援歌の歌詞が不適切だからとチームから言われたそうで
応援歌が自粛になったというお知らせがありました

読んでみたけど、どこが?全然わからなかったけど
どうやら
「お前が打たなきゃ誰が打つ」と いう歌詞らしい

え?まだわからないんですけど~

子供も多く観戦する中でお前という表現は選手に対していかがなものか
ということらしいです
YAHOOニュースにもなってました

私も「お前」という呼びかけ方自体は好きではないですよ。
そんな風に呼ばれたくはないです

だけど
これは応援歌

あなたが打たないでどなたが打つの  って
それも~ねぇ(極端)

お前という言葉だけ取り上げて全体を見てない感じ
言葉狩りです
それでファンが選手に敬意を払ってないとでも?
なんでもかんでもクレーム、自粛の世の中
世知辛いですな~

 じゃ 当然呼び捨てもダメでしょう
「〇〇  倒せ~」も ダメになるかな~ そのうち

不適切っていえば
「叩き込め」 は物騒だし
「燃えろ~」危ない
「熱い風巻き起こせ」も
天災を連想させるから NGね
「暴れまくれ」ダメダメダメ

もともと野球って
死球  塁を盗む 2塁で刺しました
ホームで殺しました

って そういう言葉を使うスポーツなんですけど~



これがきっかけで  ツイッターでは

#不適切な応援歌のフレーズ

と いうタグが出来ていて
さっそく 大喜利がはじまっていたので
笑ってしまいました

ずっとたどって読んでしまった
みんなすごいな~よく考える

ひと昔前の 応援歌は過激でしたね~
相手チームに対して配慮なんてまるっきりなし
今ならコンプライアンス的にも問題ありそう

それに応援歌って 「打て」とか 「駆け抜けろ」
「決めろ~」とか
命令系が多いんですよ

今の時代 命令形って嫌う傾向があるから

少し前にも 楽天球団から応援歌に対しての規制があったばかり
テンプレートみたいな球団側の応援歌にされてしまった

でも 応援歌の文化が廃れてしまったらつまらないな
そんな方向にどんどん進んでいきそうで心配です


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/07/02 (Tue) 22:00 | # | | 編集
No title

きな子さん
こんにちは(*^^)v

コメントありがとうございます🎶

今回のこと発端が監督が言い出したことだっていうのが
気になります
一生懸命に声を出して必死に応援してたのに
ずっと不快な気持ちでそれを聞いていたのかな~って

とくダネの小倉さんは自分が
球団からそんなこともし言われたら
ライオンズファン辞めると言ってましたけど
わかります。

「お前」という言葉がいいとか悪いとかの論調に
なってますけどそういうことではないので。
直接選手に向かって「お前打てよ」って子供が言ったのなら
注意すべきですが、論点がずれてるし。

駅伝の原監督もスポーツは闘いだからきれいな言葉では
通用しませんよ っておっしゃってます

選手の名前で!という希望があるようですが
選手の名前をすべて言えるようなファンだけじゃなく
球場にはライトなお客さんも多いので
そこでみんなで盛り上がるのには
こういう定型の「決まり文句」のようなフレーズの方が
はまるんじゃないかな~

選手も監督の意見に対して反対は言えないとは
思いますが
ほとんどが「気にならない」「考えたこともなかった」って
言ってるみたいですよね



2019/07/03 (Wed) 16:05 | シダーウッド #tHX44QXM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する