大河ドラマ「直虎」を見る

「嫌われ政次の一生」と 言うタイトルで
どうなるかは承知していましたが

誰も想像出来ないあまりにも衝撃的な最期でした
はりつけになった政次を他の者にはやらせないと、直虎、自らが槍で殺める
地獄へは俺が行く、ではなく地獄へは共に行くというのが直虎の答えなのか

心とはウラハラなお互いの言葉の応酬、大芝居を打って死んでいく
目をそむけたくなる凄惨な場面で

高橋一生さん血を吐きながらの渾身の演技。
間違いなく大河ドラマ史に残るシーンになったと思います



政次が息絶えて・・・・
場面が変わり、風が吹いて
そこに辞世の句

「白黒をつけむと君を一人待つ
天った日そ楽しからすや」

満ち足りた幸せな顔で殿を待つ政次の表情がたまらない。


近藤の家臣に見つかるかもしれないので
句はダブルの意味を持たせて書いているのでしょうが。

本当の意味は
直虎と私達視聴者だけわかればいい

たくさんの日が過ぎても君を待つのは楽しかろう

愛と簡単に呼んだらいけないような大きな直虎への思い。

最愛の人に地獄へ送ってもらい辞世の句を残していく。
政次、本懐を遂げたね。

コメント

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017年08月25日(金) 18時02分 | | 編集

シダーウッド #tHX44QXM

るうたおさん
こんにちは!
コメントありがとうございます。

暑さのピークはもう過ぎるでしょうか
ずっと元気でしたが、暑さのぶり返しで体調がイマイチです

「直虎」あの回だけですか?
それは・・・後悔されたんじゃないですか~
とはいえ私も初回から熱心に見ていた視聴者ではないので
誉められたものではないのですが。
ドラマって伏線もたくさんあるし、意味のないシーンってないので
なんとなく見るのと真剣に見るのとでは違ってきますよね
そういう意味ではもっとちゃんと見てたらさらに感動出来たのでは
ないかと思ったりしてます。

そうですよね
「ビストロ」あれば、一生さんも出ていたような気がします。
昨年から今年にかけて、そんなタレントさんたくさんいますね
昨年のビストロもゲストは限られてましたから。

私はファンの方のツイやブログによっては
読むのを今はやめたりしてるんです
事務所、後輩、テレビ局、(私も感じることがないわけでは
ないですが、)責めることネガティブな負の感情をいつもいつも
目にするのがきつくなってきました。
どうしても自分も自然にそっちの方にひきづられて行ってしまうので。

SMAPのことは永遠に好きなのは変わらないですが。



2017年08月28日(月) 12時36分 | URL | 編集


GO TOP