テレビ誌と女性誌

正直言うと、買うことはめっきり少なくなりました。
以前はSMAPさえ出てたら表紙だけで買ってたけど

でもチェックはしています。
よかったら買おうかと・・・・ 

oggi
剛くんが40歳になるくらいの頃かな「僕、人を愛せない」とよく言ってて
一時期確かにネタみたいになってましたけど、ホントにネタだったとは(*’◇’*ノ)ノ
最初は深い意味はなくて、そう言うとみんなにウケたので言ったネタのようなものだったと。
そうだったんですか~
真に受けたわけではないけど、でも結構真実味があるような気がしてて。
恋愛にトラウマでもあるのか、好きな人がいたとしても何か悩みがあるのかな~って
思ったりしてたんだけど(;´∀`)
剛くんはやっぱり演技派なのだな~~

今は・・・・恋は面倒臭くなくて愛は面倒臭いもの。。。。
なのね。
うっ、リアルです。
愛を知らないとはもう言えないね。
それにしてもOggiの編集の方の文章のまとめ方がいつも素敵です。



中居くんは4月から「図書館」が生放送になるということで
その話題でいくつもテレビ誌が出てました。
内容はどの雑誌もほとんど同じような感じかな~と
思ってましたが

「テレビガイドAlpha」
はひと味違ってました
映画雑誌のカテゴリーに置いてあるだけあり
グラビアも充実してるのですけど
とにかくインタの内容が素晴らしかったの


誠実に丁寧に答えてのがすごくよくわかるインタビューでした。
少しだけ抜粋していきます

私も生放送と聞いて最初に思ったことは
ハプニングも楽しめるんじゃないか?ってことでしたが

そのことには

「おっしゃることはわかりますが」としながらも、
「ハプニングがあってもいいと思ってない。あくまで完璧を求める
たまには脱線もいいと思うが脱線もしっかりとレールを敷いた上でないと出来ない
最初から脱線を許容する気でいたら軸がブレる」 と

軸がブレないことそれは生でも収録でもそのポリシーは一貫してるようです。

あえて家族みんなで見てもらいたい番組をつくるというのも、ゴールデンで生というのも
時代に逆行してるかもしれないが、いつも誰かと被らないことを目指しているという中居くんが
考えそうなこと。

それに乗って記者さんが
「世間の常識の裏をかくのがヒットを生む法則とある脚本家さんも言ってました」と
中居くんに振ると
「でもそれは一つの成功例をもとにして後付けしただけじゃないですか
僕は法則も分析もあまり信用していない」と言い切り
「成功した人もそこに至るまではたくさん失敗しているでしょうし」と。

決して好調とは言えないテレビ。
世間の流れもちゃんと意識した中で、それでもテレビを諦めていない
テレビだってまだ捨てたもんじゃないと思わせたい
そのために、あらゆる角度から攻めていく中居くんは職人さんのようです。


「図書館」が月曜の生放送なので
今までとは日曜日の過ごし方が変わってくる。
最初は土曜日から体調など整えるようにすると言ってますよ!
やる気~~~!(*^^)v

最後はやっぱり結婚無理発言で締めですか~
60歳までには結婚したいが、女の人を結婚を機に
しあわせにしたいと言う思いがないので無理だと思う
「そこが残念なとこでしょ」
(相手は)一人でも大丈夫な自立した人で沖縄にでも住んでてくれたら
と言い
「ちょっとナニ言ってるかわからない」と
サンドイッチマンみたいな返しを記者さんにされてました(笑)

またすべてネタだよ って いつか言われるのかなヘ(>∀<*)ノヽ



コメント


GO TOP