グループ、仲間って言葉に弱い

バク転なんか 同じジャニーズでも
ABC-Zは 日常茶飯事、朝食前!かもしれないけど

これ 最年長44歳含むアラフォーオジサンV6
全員で バク転
やったって
いうのが すごいよ~の 昨日の  生放送の歌番組

およそバク転に向かないスーツに革靴、助走もなくあの場所でやるのは無謀に思えたけど
カッコよく決まった!
無事に出来てほっとした表情でアイコンタクトを交わしたあとの
6人のおじぎが、なんともいい~ヾ(*^∀^*)ノ
自分たちのアッピールポイントを出していこうとする心意気が素敵
そのためには日々、努力もいるわけで。
ファン歴長い人によれば、10年くらい前はメンバー誰かが消えちゃいそうな心配も
したことがあったとか・・・・
そういう意味でも 昨日のパフォーマンスは感慨深く見た人が多かったんじゃないかな




ジャニWEB を読みました。
残る3人のメッセージも。

今回の田口くんの決断について
淋しいけどもエールを送るよ  というような気持ちは3人からは読み取れない
公に出来ない理由やそれぞれの奥にしまった気持ちもたくさんあるのだろうけど

やりきれないな  部外者だけども。

SMAPの時は 今ほどファンではなかったけど
それでも、メンバー特に中居くんの号泣を見て
これは大変なことになった と思ってた
大きな夢があって そのために納得して送り出す時だって
ファンも残ったメンバーも苦しむもの
そして20年経っても、そのことを忘れることは
ないのだから
グループってそういうもんなんだよね  きっと



私はチームとか仲間って言葉にひじょうに弱いみたい
個人で活躍してる人にはそれほど惹かれない

今後の3人にはKAT-TUNの名前を守って
逆境の中 さらに絆を深めていってほしいと思ってます



音漏れ参加

続けて V6のことで 恐縮ですが
今日は V6の20周年記念日その日で、しかもツアー最終日。

晴れた日も突風が吹くような日もずっと長く応援してきた人が行くべきで
私のような新参者がシラ~っと見に行ったりしてはいけない気がして
この日は最初から、申し込みもしなかったけど

さすがに全国から、見たいという人がとても、この代々木では収まり切らないくらいの数、殺到したようですが
それでも、どうしても聖地の代々木で!ということになったそうです

今夜は諦められなくて中に入れなくても、気持ちだけ一緒にお祝いしたいと外で待ってたファンがたくさんいたようで。

そんな人にに対して

スタッフは扉を開けてくれ
音量をあげてくれ
J事務所のあの!通称「つうこさん」も特別に許してくれたそうです
疲れるから座って聞きなさいと
メンバーもそれを知ってて、「外のみんな~!」と 叫んでいたとか

音漏れ参加は 利益にならないし、本来禁止事項
今回特別許可されたのは長年のファンのマナーの良さとお互いの信頼関係があったからこそ
すべて、美談にしていいとは思いませんが
批判も覚悟しながら、許してくれた各関係者のご好意
が素晴らしいと

書きたくなってしまいました

たまには J事務所も、懐 深いことするじゃない!



最終日のゲストの 豪華なこと

嵐は来るのだろうなとわかってましたが、ホント言えば来てほしくない気持ちでした
誰に限らず、ライブに余計なゲスト来て欲しくないんです
でも松本くんが「V6とファンの大事な日なので邪魔だけはしたくない、でも出たいんです」と
言って、朝からバックの踊りのフり起こしをやってた と聞いて
忙しい彼らに対してそんなこと思ってしまって、申訳けなさでいっぱいに!
みんないい人なんだね~~~

明日はおかげで?TVで取り上げられるでしょうけど
あくまでも 主役が誰かを忘れないでくださいね~TV局のみなさん


アンコール途中で 岡田くんが突然「外、行ってくる~」とファンのところに走って出てきて
タオルを投げて、またさ~っと戻って行ったとか(v〃∇〃)ハ(〃∇〃v)♪
なんか 自由~~~!(^^)!
寒い中外にいた人たちももみんな よかったね!

初めての代々木、初めてのV6コン

31.jpg
金テープ銀テープ(メッセージつき)

29、30日と参加してきました


仕事を終えて急いで代々木体育館に駆けつけました。
グッズはどのくらい並ぶのか、?
と思いながら行くと並ぶことなくすぐ買えて(*^-^*)
昨年、ドームで2時間半並んで結局買えずに諦めて列を離れたことを思い、
ここからすでにSMAPとの違いを感じました。
悪い意味ではなく、素朴にSMAPの常識しか知らなかったので。
そんなところからの感想~


☆まず、お客さんの数が違いますよね
これは当然。
待ってる間にも感じました。

☆OPでの一人ひとりモニターで紹介や、登場、演出、はなし。
歌の間奏での「今日も最後まで行くぜ!」みたいな個人挨拶なし。
個人での登場ではない為、誰が声援が大きいとか、
あまり感じることもなかったです。


☆ステージには6人だけ!
ダンサーひとりもいない
すっきりしてます。
よくメンバーが見えます。
Vさんはダンスが揃いすぎてて遠くからだと
誰かわからない と聞いてましたが
それはなんとか、判別出来た
雰囲気と体の大きさで(笑)

☆歌って踊って止まらない、怒涛のメドレー。メインステージ
センターステージ、バックステージ 花道を走り回って
ファンサしながら、歌う踊る
コンサート3時間中、歌ってないときは しゃべってる
裏で休むどころかトイレも絶対いけないはず
VTRもホント少ないので、最小限の着替えの時間しか取れてない
これが wアンコ、入れて3時間!!

☆水を飲まない
休まない
トークになっても誰も水飲む人がいない
だいたい、水というものが置いてない
トーク時間は長め。
イノッチと三宅くんが面白い

☆客層が若い印象


☆ 点呼を取る(;'∀')
一回目のトークで毎日、
「さぁ恒例の点呼取りますよ~」
「20代の人~!」
「30代の人~」
いやぁこれ恥ずかしいよ って思ってたけど
ちゃんと 嘘つかずに私も該当の時に 「ハ~~イ」って答えてた
なんか そんな雰囲気にさせちゃうものが不思議とあって。
結構同年代も多かった
手を挙げなかった人もいるだろうから、実際はもっといると思われる(;・∀・)

70代、80代の方もいらしてメンバーもすごく喜んでました
各年代ごとに対して メンバーの誉め方がウケる
スタッフにも点呼! 後方から「おお~~!」って 野太い声が!
そばにいた、会場整理のお兄さんも「ハ~イ」(〃^∇^)
微笑ましいムードの会場内

☆トイレに行くとか席をはずすような人も全然見かけなかった
  
☆最終日でもないのに最後は毎日一人ひとりから挨拶
毎回、言葉を考えるのは大変じゃないかな


一日目はアリーナA1
メインステージがよく見え、すぐそこに6人でした
手もいっぱい振ってもらえた~(*^^)v
2日目は2階席
上からステージを見下ろす、全体がよく見える席
ファンサービスとして
1階席と2階席の間を あのスマコンのようなトロッコじゃなくて小さい一人乗りの電動トロッコでゆっくり移動してくれて
2階の最前列の人はメンバーからのハイタッチをもらってました(羨まし)


☆代々木は特にチケットが取れにくかったらしくて
ステージを狭くしててでも、一つでも多くの席を作ったと言ってた
だからと言って、もっと大きな場所で というのはないのだろうな
ツアー最後に東京に戻ってきて「代々木は広いな~」ってメンバーも言ってた
ドームではないあのサイズでのライブ。
それじゃないとV6のやりたいコンサートではなくなるのだろうと思う

SMAPは それに比べるとショー  ショウアップしたエンタテイメント
豪華~~ ホントに豪華だったんだと思う

正直 ライブに行くまでは、他のことにも気を奪われてもいて。
レポのネタバレ読んでも・・・・スマップと違って、コントもないしな
退屈しないかな~なんて思ってて
今考えたらひどいよね
でもコントはスマップがやるからいいの
他のジャニがやってるか知らないけど寒いコントだったら、やらない方がいい
コントに限らないけど、内輪うけなどもない
レベルの低いものをお金を払って来てもらった人に見せようと
絶対思わない人達

彼らは歌とダンスだけで見せる自信があるから

会場に響き渡る圧巻のハーモニー
鳥肌もんでした。



☆アンコールで金テープ 銀テープがたくさん落ちてきて もらい放題でした
あまりたくさんあったんで、まわりの人にもおすそわけしたけど
テープには メンバーのメッセージが!

三宅くんのメッセージ~いいでしょ
今日のみんながきれいすぎて帰りたくない(*^皿^*)




GO TOP