好きだってこと忘れるくらい

GEN.jpg

本日買った本!

又吉さんの「劇場」は先日、NHKスペシャルを見て絶対買うと決めていて
発売日に本屋さんに行きました

もうひとつは、偶然見つけたのだけど
実は私はむか~しから「源氏物語」フリークでして。
どんな切り口でもさまざまな方向からの「源氏」が
読みたいの。
これは六条御息所が語るという手法で斬新、手に取ってページをめくったら
止められなくなりました。




遅くなりましたが
ドラマアカデミー賞
最優秀主演男優賞、剛くんおめでとうございます。
6回目なんですね
いい人とダークな人が半々になったのだとか
演じる役のことね。
そうなのか。
どっちが向いてるか、好みか聞かれてましたが
「どっちにも当てはまらない役もいい」って
おお~いいですね~
悪い人だけどいいところもあるとか、いい人だけど悪い心もある
ってそういうことじゃないですよね。それじゃ普通だし。
当てはまらない役見てみたいです。

個人的には「カルテット」にひじょうに思い入れがあるのでたくさん賞を取れてうれしいですが
松たか子さん以外は主演とは思ってなかったので
高橋一生くんが助演男優賞の枠であれば結果は違ったのではないかと残念です。
それにしても松さんのドラマ(テレビ)出演っていつ以来かな~今や貴重だとも思えます

あと吉岡里帆ちゃんの受賞!
最初は単なるカワイコちゃん役と思ってたのに
一番化けましたね~
ヒール役ってふつう最終回には気の毒な面だしてきたり、
人間、悪いことはやっぱり出来ないものだよって知らしめるものなのに
彼女は指輪見せて「人生チョロかったぁ~!!」だもん
見事(*^▽^*)


「カルテット」は
印象的な刺さるセリフが多かったけど
その中でも・・・・

コレ ↓
「好きだってこと忘れるくらいいつも好きです」(世吹すずめ)

こんがらがった

昨日は
朝から「仰天火曜日にお引越し」番宣で
鶴瓶さんと中居さんが大忙しでしたが

夕方のニュースエブリで 生中継でお二人が出て来た時は
なんで生? 
あ~これから生放送だからか~って一瞬思ってしまった

違う違う、7時から仰天は4時間SP(収録)で 
深夜に「ミになる図書館」が生放送なんだと
少々、頭が混乱してしまうほどのナカイ祭りの夜

仰天はVTRの中身も硬軟織り交ぜ、充実していて
スタジオトークも笑わせてくれ盤石、安定の面白さ
あの長さでも飽きさせない
さすがに長寿番組だわ


夜11時15分からの「図書館」
この枠では最終回にして初の生放送。


う~ん。生放送と何回も言ってるんだけど
今、放送してるよ っていう今日のタイムリーな話題を
さらっとクイズの合間にはさむとか
して欲しいかな~
今同じ時間を共有してるんだっていうのをもっと意識させてもいいかも。
それが生の醍醐味でもあるので。


後半の川柳と漢字クイズは面白いんだけど
時間が制限されてる中ですぐにぱっと答えが出るには少々難しいな
じわじわわかってくるってタイプの問題だし

それにジェネレーションにほとんど関係ないよね

最後のラクロスは
ちょっと「いいとも祭典」思い出してワクワクした~~

だけどラクロス専門の人が試みてもダメだったんだから、
ユースケさんじゃなくても
やったことがない人が出来るはずな~~い
最初から100万あげる気がないっていうのもそれはそれで面白いんだけどね(笑)

清水アナの力量も確かなので、生でもそこの心配はないんだけど
なんか不安もあるんだなぁ~(;´∀`)
本番の24日までまた練り直して修正していくんだろうけど。

でもね
中居くんの汗を見て
この人は今までの積み重ねたキャリアなんか関係ない。
楽をしようとも思ってない
がむしゃらに向かってるその姿勢が素敵でした



さっ、ナカイの窓SP見なくちゃ

毎日楽しませてくれて感謝。


テレビ誌と女性誌

正直言うと、買うことはめっきり少なくなりました。
以前はSMAPさえ出てたら表紙だけで買ってたけど

でもチェックはしています。
よかったら買おうかと・・・・ 

oggi
剛くんが40歳になるくらいの頃かな「僕、人を愛せない」とよく言ってて
一時期確かにネタみたいになってましたけど、ホントにネタだったとは(*’◇’*ノ)ノ
最初は深い意味はなくて、そう言うとみんなにウケたので言ったネタのようなものだったと。
そうだったんですか~
真に受けたわけではないけど、でも結構真実味があるような気がしてて。
恋愛にトラウマでもあるのか、好きな人がいたとしても何か悩みがあるのかな~って
思ったりしてたんだけど(;´∀`)
剛くんはやっぱり演技派なのだな~~

今は・・・・恋は面倒臭くなくて愛は面倒臭いもの。。。。
なのね。
うっ、リアルです。
愛を知らないとはもう言えないね。
それにしてもOggiの編集の方の文章のまとめ方がいつも素敵です。



中居くんは4月から「図書館」が生放送になるということで
その話題でいくつもテレビ誌が出てました。
内容はどの雑誌もほとんど同じような感じかな~と
思ってましたが

「テレビガイドAlpha」
はひと味違ってました
映画雑誌のカテゴリーに置いてあるだけあり
グラビアも充実してるのですけど
とにかくインタの内容が素晴らしかったの


誠実に丁寧に答えてのがすごくよくわかるインタビューでした。
少しだけ抜粋していきます

私も生放送と聞いて最初に思ったことは
ハプニングも楽しめるんじゃないか?ってことでしたが

そのことには

「おっしゃることはわかりますが」としながらも、
「ハプニングがあってもいいと思ってない。あくまで完璧を求める
たまには脱線もいいと思うが脱線もしっかりとレールを敷いた上でないと出来ない
最初から脱線を許容する気でいたら軸がブレる」 と

軸がブレないことそれは生でも収録でもそのポリシーは一貫してるようです。

あえて家族みんなで見てもらいたい番組をつくるというのも、ゴールデンで生というのも
時代に逆行してるかもしれないが、いつも誰かと被らないことを目指しているという中居くんが
考えそうなこと。

それに乗って記者さんが
「世間の常識の裏をかくのがヒットを生む法則とある脚本家さんも言ってました」と
中居くんに振ると
「でもそれは一つの成功例をもとにして後付けしただけじゃないですか
僕は法則も分析もあまり信用していない」と言い切り
「成功した人もそこに至るまではたくさん失敗しているでしょうし」と。

決して好調とは言えないテレビ。
世間の流れもちゃんと意識した中で、それでもテレビを諦めていない
テレビだってまだ捨てたもんじゃないと思わせたい
そのために、あらゆる角度から攻めていく中居くんは職人さんのようです。


「図書館」が月曜の生放送なので
今までとは日曜日の過ごし方が変わってくる。
最初は土曜日から体調など整えるようにすると言ってますよ!
やる気~~~!(*^^)v

最後はやっぱり結婚無理発言で締めですか~
60歳までには結婚したいが、女の人を結婚を機に
しあわせにしたいと言う思いがないので無理だと思う
「そこが残念なとこでしょ」
(相手は)一人でも大丈夫な自立した人で沖縄にでも住んでてくれたら
と言い
「ちょっとナニ言ってるかわからない」と
サンドイッチマンみたいな返しを記者さんにされてました(笑)

またすべてネタだよ って いつか言われるのかなヘ(>∀<*)ノヽ



スカッとしたいです

「嘘の戦争」は10話で最終回だけど、初回は2時間だったし
延長もあったので、12話近くの長さがあった・・・とも言えるのかな

最終回に向けてこれから番宣もあるし、最後までスタッフキャスト一丸となって進んでますね


今夜番宣で頑張ってくれるであろう希子ちゃん美月ちゃん
二人にとって
この、ハルカと楓の役が後に
自分のお芝居の幅を広げたとかそんな風に振り返るドラマになるんじゃないかなと
思います。

最終回はバッドエンドにはならないことを望みます
嘘が嫌いだけど嘘に救われてもきた浩一
嘘でスカッとした結末・・・・にならないかな~

今発売中の
日経エンタテイメント の 「テレビ証券」のページは
ファン必見。
草彅剛は今一番仕事がしたい役者だと書かれています。




「カルテット」は 野球がなかなか終わらずに
11時10分からなんて、深夜ドラマになってるじゃん!
割を食ったなと同情してましたが、数字はUPしていて・・・(;'∀')

今回も苦くてちょっと甘くてやっぱりほろ苦いドラマでした

なんとも思ってない人からの告白は
SAJの 三段活用

S 「好きです」と言われても
A 「ありがとう」と 傷つけないためには答えるしかない
やっぱり玉砕する~と思ったら さりげなく
J 「冗談だよ」 で しめる

     納得(~_~;)


4人のシーンが一番好き
ずっと そのおしゃべり
バトル(笑)を聞いていたいなと
思ってたのに


それを壊すような、衝撃の「あの人は早乙女真紀さんでありません」
もう何がなんだか・・・・






ニュースを見ても現実でも嫌なことや厳しいことが多いけど

侍ジャパンの連勝は文句なくスカッとさせてくれました!

スコアだけ見たりダイジェストで見たら
楽に勝ったように思えるけど
初戦から中継ぎ陣がちょっとピリッとしなくて不安があるので
ビビりな私はもうもう見てられなくて。
始まる前は5点差くらいついてないと(満塁ホームラン出ても追いつかない)
見れないと思ってたけど、キューバ戦はその5点差あっても落ち着かなかったな~
一昨年の世界野球の大逆転負けがトラウマとしてあるので。


中居さんが野球がわからない人はイケメンを探せと言ってましたが(そんなようなこと)
外見はそ~でもない人もいますけど(失礼!)
どの選手も
試合をしてる時のお姿は頼もしくて~カッコいいと痺れます
特に青木選手はいいな。好みです。
ベテランの安心感っていうのかな~

グラウンドレベルの中居くんは、自身の番組だけではなく「嘘の戦争」も「おじゃまっぷ」の
時も、一言も発言なかったですね
ベンチのすぐ隣にいるのでベンチが写っても見えないように小さく座っていたようです

韓国が敗退しちゃったのね
今回の韓国チームは強くなかったみたいだけど、それでも日本戦となると・・・・えげつないので
対戦がなくなってホッとしてます
オランダもイスラエルも手ごわいことに変わりませんが。

先は長いな


色々です

来年から「ストスマ」→「編集長 吾郎」
に変更になる
そのタイトルに
おったまげ~~~(;'∀') でした
編集長って! そう来たか!
雰囲気的には新番組になるってことかな~

サムガはさて、どうなる?


それにしてもナカゴロのゴルフ話。
キャディさんの身の上話を親身に聞いてあげる中居さん
それを見てて本当にいい人だと思ったと吾郎さん
普段はもっとクールで無口で一般人にそんな話しかけたりしないと思ってたけど
そうなんだぁ
こういうことって絶対自分から言わないから
おしえてくれる、こんな番組は貴重。
今後もメンバーの話題がタブーなんてこと・・・・ありませんように。


で、 なんと今夜 金スマに 星野源とガッキーが!
おお~~~~
恋ダンスが特に注目されてしまうけど
それだけじゃないのよ
コメディだけどこんなに社会に問題提起するドラマもない

中居くんとどんな話するのか すっごい楽しみ
ひょっとして 一緒に恋ダンスを踊ってくれるのかしら~~~
(そこまで期待しちゃいけません)



そして
今日はこれが楽しみで帰ってきました
すぐに録画再生(*^_^*)
スタジオパークの きりちゃん
長澤まさみさんが見たくて!


「真田丸」 ラスト前の「前夜」
源次郎様ときりちゃんのシーン。

堺さんが「あさイチ」に出た時
49話の最後は
僕らなりに作りましたので
と思い入れたっぷりに語っていた
有働さんも 「あっあのシーンは 女子は泣きます」って。
それだけで まだ何も見てないのに
うるうるしていた私

あの口吸いシーンは台本にはなくて堺さんからの提案だった
キスをしたい と
それ聞いて
私、しびれた、惚れました

それって相手役の女優さんをそうとう信頼してないと言えないことだと思います
そして私もそうしたいと思ってたと応じた長澤さん
さらにしゃべりながら、チュウしたいとのアイディアに
「いいね!」と 堺さん

それであのシーンに・・・・

もごもごチュウ 
ドラマ史に残るキスシーンです



高梨内紀の娘というだけで、名前もわかっていない人物に
きりと名前をつけた三谷さん
長澤さんがそれに命を吹き込んで生き生きと演じ
有働さんのナレーションで
現代の子みたいだった彼女が確かに歴史の中に生きていたんだと
それがわかり、さらに感動しました

あの時代は○○の娘
○○の母のように
役割であらわされること多かった女たち
それでも、どの女たちにも人生がありそれを歴史の片隅に埋もれることなく
ちゃんと個性的に生きた証を見せたかったと言ってた三谷さん
どのキャラクターも実に生き生きしてましたよ
素直で男に都合のいい女なんか一人も出て来なかった


さぁ あと一回です
こちらも。

GO TOP