FC2ブログ

マイナスイオン

SMAPは永遠

天使にラブソングを🎶

TSUTAYAの更新の為にお店に行きました

更新するとなにか一枚DVDが無料サービスになる。
新作でもいいというけど、特にレンタルしたいものが見当たらず、
店内をキョロキョロするうち

あ〜これ!
名作なのでタイトルと歌は知っていたけど
ちゃんと見たことがなかった

「天使にラブソングを」♫

実はちょっと前にパロディを見たんだよね。
中身やストーリー知らないのに笑えた


主演はウーピーゴールドパーク
主人公のシンガーが
殺人事件を目撃したことで事件に巻き込まれ
修道院に逃げこむ
そこから物語が発生していく

基本はコメディだけどサスペンス要素あり
ミュージカル見てるようなー
ゴスペル最高!

修道院という厳格な場所での歌
同じ歌でも命を吹き込むと一変する
神さまに捧げる歌をポップに仕上げていく時の
シスター達の晴々とした姿が素敵

ウーピーの圧倒的な迫力で引っ張っていくけど
見習いシスターのメアリーロバートの
清楚な可愛らしさもこの映画の魅力の一つだと思う
引っ込み思案で皆よりやることが下手で遅い。
弱々しく
か細い声しか出せない。
でも自分にしか出来ないことをしたいとの思いも秘めていて
最初にソロパートを見事に歌い上げた時は
思わず拍手です
彼女の思いが歌となり昇華されていく過程を
見てるとこちらも明るい気持ちになれます


ラストシーンのローマ法王の前で披露した
♫ I will Follow Him

圧巻でその素晴らしさに自然に泣けてきました。

落ち込んだ時に見る映画という言い方があるけど
まさに、まさにうってつけ

一緒に歌って踊りたくなります。
未分類 | Comments (0) | Trackbacks (-)

事件の悲惨さと命の重さ

嫌いだっていう人もいると思いますが
昔から 私は爆笑の太田さんが好き

とはいえ
日曜朝の「サンデージャポン」
この番組は品がなかったりちょっとゲスい所もあって普段あまり見ないのですけど
たまたまチャンネルを替えたところで
太田さんが川崎の殺傷事件について話ていて
引き込まれて見ました


事件のあと
死にたいなら一人で死ね論争が盛んにありました
その賛否を話す人がたくさんいました


太田さんは
死ぬときに人を巻き込むなってことは甘えるなってことだと思うんだけど
この加害者は自分も死のうとしてたわけだから命を重く見てない
生きててもしようがないってなるんだろうけど
俺もものを食べても味もしない何も感動できない時期があったんだけど、そうなると
(太田さんは高校時代友達が一人もいなくてクラスメートと三年間誰とも話をしなかった)
だんだん生きていても・・・ってなってくる

だけどあるときピカソを見て、
急に感動が戻った
ピカソを理解出来たってことではないけど、表現ってこんなに自由でいいんだって
そこからいろんなことに心が動いて
いろんなことが好きになる
好きになるってことはそれに気付けた自分を好きになるってことで
それは人でも文学でも映画でもなんでもいいんだけど
そういうことに心を動かされた自分って捨てたもんじゃないってなって
思うと他の生きてる生物や人間の命も捨てたもんじゃないなってなる

(命を大事に思えない)こういう人はもともとは特殊な人間ではなく
自分もそうなっていたかもしれないと言いながら
そこから抜け出す道は実は「近くに」あると
太田さんは言葉を選びながら慎重に視聴者に向けて発していた

事件の悲惨さに動揺している私たちに
そして命を大事に思えない人に向かって

なんだろう、
とても真摯で寄り添う言葉で

いろんな人が
この事件について言葉を発していたけど
一番心に響いてきて感動した

何かを好きになるってことが実際にはとても難しかったりはするんだろうけど
それはなんでもいいんで
好きになることができればそこから変わっていけるんだ
っていう




太田さんみたいに
友達のいない人にとって修学旅行がどんなにきついものかと
思うけど、本をたくさん持っていって一人で読んでいたらしい
前に「一緒に行動するはずの同じ班の人にまかれてしまってさ~」なんて
笑って話してたよね 
部活も入っていて(部員は一人!)3年間皆勤賞
なんというか・・・・すごい人。

未分類 | Comments (0) | Trackbacks (-)

西武ドーム(メットライフドーム)

昨日は此処から

me.jpg

6月4日からセパ交流戦が始まりました
今年は西武の本拠地にカープが来るということで
西武ファンのお友達がFC枠でチケットを
抽選だったんですけど、とてもいい席を取ってくれました
ビジター席ね

平日でしたが
ライオンズ対カープなんて
しかもメットライフでなんて2年に一度しかないので
そこは万難を排して出かけました。

西武球場は比較的遠いのに
ドームになる前にも何回も行ってるんですが

ずっと野球から離れていたので
今回は10年ぶりです
その頃は違う名前だと思いますが
今現在は メットライフドームという名称になってます


met.jpg

これは試合開始2時間前
バッテイング練習の時間

試合中はもちろん席を離れての観戦はNGですが
試合前は1番前まで降りて
かなりの至近距離で選手を見れるし写真も撮れます


私はできないけど(^^;
声をかけたり選手も応えてくれたり
試合中には見られないリラックスしたとこも見られたり

やみつきになってしまう・・・・んですよ~ これが


基本は関東の球場しか行けないけど
でも 月1くらいは
エネルギーチャージをしに行きたいな。
 

未分類 | Comments (2) | Trackbacks (-)

神前結婚式

昨日は大安

甥の結婚式でした。
赤坂日枝神社
ホテルなどの館内神殿ではなく
神社での結婚式に列席したのは、初めてでしたが、
厳かないいものですね~

古式ゆかしい雰囲気の中、雅楽の音色が響いて
紋付き袴の新郎と、白無垢わたぼうしの新婦

これはこういう神前式では決まってることのようですが
巫女さんの舞の踊りがあるんですね
それが特によかったです


甥っ子は44歳
もう結婚しないのかとまわりの人は思ってましたが
ひょんなことで知り合った人の紹介で
うちの親戚にこんな子がいるんだけど・・・・ということで
話がトントン拍子に進んだようです

お嫁さんは35歳。
静かな落ち着いた可愛い人でした

甥は私が遥か昔に(笑)結婚した時には
もうすでに大きくなっていたので
遊んであげたような記憶もなく
男の子なので会ってもそんなに会話もなく
だったのですが
それでも、結婚って人を変えるんですかね
柔らかくなったように感じました

40代半ばの結婚
男の人は何歳でも結婚出来るからいいなと
そんな話も出てた昨日から
一夜あけて


今朝になって磯野貴理子さんの離婚の発表

24歳年下の旦那さまが
自分の子供が欲しいから  という理由で
そういう結論になったということでした

聞いていて切なくなりましたね
直美ちゃんと由美ちゃんの友情に
こっちまで号泣です


昨日の結婚披露宴でも
二人に お決まりの質問といえば質問なんですが
「お子さんは何人欲しいですか」と


もうそんなの
ほっといてあげて
と言いたくなりました
(言いませんが)
お嫁さんにはあまりプレッシャーかけてあげて欲しくないなぁ


貴理子さんは今後ますます野球にのめりこんじゃうと
自分で言ってました

嫌なことがあった時も
もうどうでもいいや そんなこと と
思わせてくれる と 言ってましたもんね

ヤクルトファンはみ~んな貴理ちゃんの味方だって言ってくれてますよ

これからも傘を振って元気に東京音頭を歌ってね

未分類 | Comments (2) | Trackbacks (-)

母の日

ba.jpg

娘2からいただきました(*^^)v

「これ可愛いでしょ~」と

大変ありがたいンですけど
この子の選ぶものは
ワタジを何歳だと思ってるんだろうという
疑問がいつもあります(;・∀・)

娘1は今月末に何かごちそうしてくれるとか。
旅行も一緒に行ってたし
来週は甥の結婚式なので
少し日を開けました

未分類 | Comments (0) | Trackbacks (-)

あっと言う間

長い連休も、終わってしまえばあっと言う間

でも時代が
途中で平成→令和に変わりました(^ν^)

瀬戸内海方面への旅行も人の多さは想像を超えていましたが、それでも比較的スムーズに予定通りに進み充実した思い出深いものになりました!

季節的に五月は旅行には最適!ですね。
人が多いのは仕方ない。

それはよかったのですが、よくないのが
パソコンのハードディスクが故障してしまい
ただ今メーカーに出していますが
連休を挟んだので少しかかりそうです。


まあなければないでそう不便も感じないと言えば感じない気もしますが、ブログはスマホよりPCかな。私はね。
未分類 | Comments (0) | Trackbacks (-)

大型連休

連休始まりますね。

私も連休中ず〜っとお休みです。

長いっ!

私の予定は神宮球場に野球観戦と

2日からの恒例
家族旅行
今回は7人で行くのです
車ではなく新幹線

大人数で
さてどうなりますか?!

皆さん
アクティブに過ごすもよし
ゆ〜っくり過ごすもよし

怪我や事故には気をつけて
お過ごし下さい。
未分類 | Comments (0) | Trackbacks (-)

横浜スタジアム

ハ

横浜スタジアムは何年振りかも忘れるくらい久し振りでしたが

広いお空の下での試合は
やっぱり気持ちいいですね~~!

もっと遠い気がしてたけど(記憶の中で)
そうでもなかった
また行きたいな♪(v〃∇〃)

未分類 | Comments (0) | Trackbacks (-)

本屋大賞おめでとう

バトン


本屋大賞が「そしてバトンは渡された」に 決まりましたね

これになるといいなぁ と 思ってたので嬉しい!

瀬尾まい子さんの小説はやさしくてほっこりユーモアのあるお話が多い
主人公は結構大変な環境の中にいるのに、ちっともそう思ってなかったり
ちょっとズレてたりそこの可笑し味みたいなのがあるのね

瀬尾まい子さんとの
そもそもの出逢いは
図書館で偶然手にした「天国はまだ遠く」 
これもすごく好きなんだけど
プロフィールや過去の作品の中にあまり載ってないのはどうしてなんだろう・・・

あっ
となりに映ってる
ことりっぷ 
連休に旅行に行くので  ついでに買いました

未分類 | Comments (0) | Trackbacks (-)

本当の意味で親身になるということ

「中居くん決めて」

相談者のシングルマザーさん
週3は歯科衛生士をやっているが
それでは
子供二人との暮らしのが成り立たない


夜は子供と一緒にいたいので
家を空けたくない
昼間短時間で稼げる仕事ということで
選んだ、もうひとつの仕事が風俗

でもその仕事に罪悪感がある
やめた方がいいのか・・・と 悩みを相談する


中居くんが「風俗の仕事してるのが悪いとは思わないですが・・・・。
行ったことある?」  
と 斎藤さんやサンドイッチマンに振る

「まぁ・・・・それは」 と
みんな行ったことがありそう
「俺も行っておけばよかった~」と 残念がる中居さん


真麻さんが「お子さんとの生活の為なのだから風俗ということに誇りを持ってやってもらいたい」
と 言った
真麻さんはそんなにお金に困ったこともないだろうしお友達に風俗で働いてる人もいないだろうけど。


それを受けて中居さんが静かに話しだす

自分のお母さんだったら?娘だったら?妹だったら?姪っ子だったら
ちょっと待って となるでしょう

その目線で捉えて初めて向き合って考えられるのではないかな

この相談者の人とは僕らは初めまして、だしもう収録終わったら会わないですよね
そのうち忘れてしまうかもしれない
そこの距離だから僕らタレントって好き勝手なこと言うけど

本当に近い人として考えると・・・・また違う

最終的には 「今の仕事は恥じることはないですよ」 と
言ってあげた
それは簡単に導きだした答えではないってわかるから
相談者の胸に刺さって涙が出たんだと思う

本当の意味で親身になるってことと
他人事としてタレントが口当たりのいいことを
偉そうに言っちゃいけないって

またまた大事なことを教えてもらいましたね~

未分類 | Comments (0) | Trackbacks (-)